当サイトは8月中に閉鎖の予定です。4年間ありがとうございました。

シンポジウム~これでいいのか?・・・?

緊急シンポジウム in 福岡「これでいいのか 新型コロナ~いつまでマスク?いつまでワクチン?~」に参加しました。

 


福岡天神のエルガーラホール大ホールに、ほぼ満員の参加者でした。

講演(3名の方)、対談に続いて、全員でのシンポジウムというプログラム。シェア可能な内容の紹介と、わたしの感想は以下のとおりです。

データの使い方が・・・?!

たとえば、ワクチン接種後、若い男性に心筋炎が発症するリスクが多い・・・と話題になったことがあります。政府の副反応検討部会で審議されたようですが、資料が問題!!

比較のため(?)、コロナ後の心筋炎発症データも掲載されているのですが、発症は3名なのに、わざわざ100万人換算して、「100万人あたり893人」として多いように印象操作しています。

ワクチンの方は、ファイザーで116名、モデルナで144名の報告があり、そもそもが健康な人に接種するのだから、そこを比較する?

※国立研究開発法人 主任研究員の藤川賢治氏は、公式発表のデータを解析して、Twitterで発信し続けている方です。今回の発表内容も、シェアされています。コチラ

テレビで使われるグラフの怪しさは知っていましたが、分科会で検討する際の資料でも印象操作。さらに、ここだけ切り取って報道したら、コロナ後遺症>ワクチン後遺症、となりますね。

医療ひっ迫の嘘

日本の病床数は160万床で、人口あたり世界一。英米の5倍!
うちコロナ病床は4%・・・

4%!会場が、どよめきました。改めて数字で示されると衝撃ですね。
あんなに煽られ続けていたのに、あれは何だったんでしょう。

ワクチン後遺症

実際に後遺症に苦しんでいる方が、経緯を話してくださいました。1年以上かかってやっと、杖をついて歩いて、仕事も少しずつできるようになったそう。それまで元気に仕事していた若い方が・・・と思うと、やるせないです。

病院によっては、原因がわからない・精神的なもの、と理解を示さないケースや、中には高価なサプリメントを売りつけるケースもあるという話です。

※対応してくれる病院を探すサイトができたそうです。

コロワク治療ナビ

これでいいのか?いいわけがない

たとえば肺炎球菌による死者は年間約3万人、子どもからうつるケースが多いと考えられますが、特に問題とされていません。コロナによる死者は、2年余りの累計で2万8千人です。

なぜかコロナだけにフォーカスする今の風潮の異常さ。

それとともに、子どもたちの将来のためには?というテーマも何度も出ていました。

まずは大人が自分で考えて選択し、他人の選択は尊重する。そんな姿勢でありたいと思いました。

大手メディアの情報は、画一的一方的です。命にかかわること、子どもたちの将来にかかわることは、元データにあたるなど他の選択肢を調べて慎重に!ムードに流されず、判断したいものです。