命と自由

新型コロナに関する報道を見ると

  • 最初の段階から、海外からの入国をストップせず、何万人も入国させ続けて隔離期間の強制力もない。
  • 政治家や官僚が、会食やパーティーをしている(医師会会長が参加したパーティーも)

↓ わたしの推理

少なくても日本国内においては、ホントに危険で怖い病気では、ない

※もちろん、免疫力が落ちている人や、他の病気を持っている人が罹ると、悪化する可能性があることは、インフルエンザ等と同様!

 

  • 厳しい状況だった諸外国に比べて、日本では死亡者数も段違いに少なく、その理由は今のところわかっていない他の要因をコロナに読み替えても、なお少ない)
  • 人類史上初のmRNAワクチンが、長い目で見て、身体にどんな影響を及ぼすかも、今のところわかっていない

 

『わたしの推理』確実なことがないという点から考えると・・・

明石家さんまさんが、ちょうど言いたいことを言ってくれてました!

「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたい。俺は打たないからね」と明言。「ていうのは、今まで菌にかかったことないから。1回もないんですよ。ここでワクチン打つと、体が変わってしまうんで」と理由を説明し「俺は打たないっていう」と繰り返した。

 「打ちたい人は打って。俺らみたいに『打たない』って心に決めた人の分、余ってんねんから。打ちたい人から打ってええと思う」と語っていた。

参考 さんま コロナワクチン接種しない意向のワケ「ここで打つと体が…」Yhoo!ニュース

 

夫は来週ワクチン接種の予定。わたしはまだ対象外ですが、今のところさんまさんに賛成。話し合いはしても、自分のことは自分で決めて
他人の決定は尊重したいですね(家族でも!)

ここ大事

 

こちらの動画では、リスクマネジメントの考え方からも、今回の騒動を考察されています。

自由にはリスクが伴う。自分の身体の自由(何を入れるか、入れないか)、魂の自由を大事にしたいなら、リスクも受け入れなければならない。

↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です