糸島のバス情報 

魅力的なスポットが、あちこちに点在する糸島。車で回るのが観光の定番になっていますが、ポイントを絞ってじっくり楽しみたい方は、リーズナブルなバスの旅はいかがですか?

糸島バス旅を満喫するために知っておきたい、バス情報や注意すべきポイントをご紹介します。

行く前に計画を立てましょう

まず注意していただきたいのが、バスの便数がとても少ないことです。1本乗り遅れたら、1時間、2時間待ちとなることも・・・ あらかじめ計画を立てて行くようにしましょう。

主な観光スポットを路線ごとにまとめてみましたので、参考にしてください。

野北線の観光スポット

・可也山(登山)   師吉公民館バス停から徒歩約50分
・野北海岸      野北バス停から徒歩約10分
・ロンドンバスカフェ 野北バス停から徒歩約10分
・櫻井神社      桜井バス停から徒歩約15分
・桜井二見ヶ浦    伊牟田バス停から徒歩約30分
・サンセット     伊牟田バス停から徒歩約40分
・天使の羽(パームビーチザガーデンズ) 伊牟田バス停から徒歩約40分

西の浦線の観光スポット

・桜井二見ヶ浦    二見ヶ浦バス停すぐ
・サンセット     PALMBEACHバス停すぐ
・天使の羽      PALMBEACHバス停すぐ
・ジハングン     西の浦保育園前バス停すぐ
・ヤシの木ブランコ  ざうお本店前バス停すぐ

芥屋線の観光スポット

・加布里の牡蠣小屋  加布里バス停から徒歩5分
・小富士梅林     小富士バス停から徒歩10分
・姫島渡船場     岐志バス停から徒歩約5分
・岐志の牡蠣小屋   岐志バス停から徒歩約10分
・幣の浜       窯元前バス停から徒歩約15分
・芥屋海水浴場    芥屋バス停から徒歩約10分
・芥屋の大門遊覧船乗場 芥屋バス停から徒歩約10分
・トトロの森     芥屋バス停から徒歩約15分
・芥屋の大門     芥屋バス停から徒歩約15分
・立石山(登山)   芥屋バス停から徒歩約1時間

 

白糸線の観光スポット

・白糸の滝      白糸バス停から徒歩約30分 ※白糸自然遊歩道経由


この他の路線については、糸島市内のバス路線図をご覧ください。

バスの運賃について

糸島市内を走るバスは、9路線16系統のコミュニティバス「はまぼう号」と、3路線4系統の路線バス(昭和バス)です。

運賃が一律200円とリーズナブルですが、交通系ICカードは利用できません。小銭を用意して乗車しましょう。

福岡市内発着の西の浦線では、運賃は距離に応じて加算されます。
(例:二見ヶ浦ー九大学研都市駅 直通便利用で730円 ICカード使用可)

バス停の名称に注意

バスは、JR筑前前原(ちくぜんまえばる)駅発着。改札は一箇所、改札を出て左側が北口、右側が南口、どちらも階段を降りた所にバス停があります。

北口を発着する路線:野北線、船越線、芥屋線、市街地循環線、曽根線、川原線、井原山線、前原今宿線、九大線、初深江線

南口を発着する路線:白糸線、雷山線、曽根線(有田経由)、井原山線、市街地循環線

バス停の名称は「前原(まえばる)駅北口」「前原駅南口」となります。

芥屋線、船越線、野北線、西の浦線は、昭和バスの乗換案内、バス乗換案内アプリ等で検索ができます。その際、上記バス停名にご注意ください。

参考 バス停時刻表昭和バス

その他の路線は、糸島公共ガイドの時刻表をご覧ください。(芥屋線、船越線、野北線も記載されています)

参考 糸島公共交通ガイド糸島市

糸島市内のバス路線図

補足

道路の幅が狭い場合など、バス停の標識が一方の側にしかないことがあります。乗りたい側に標識が見当たらない場合は、反対側にある標識の向かいあたりで、バスを待ってください。

最後に

糸島市内を縦横に走るコミュニティバス、路線バスは、生活に密着した市民の足となっています。観光スポットだけではない糸島の雰囲気を味わいながら、のんびりバス旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

西の浦線は、糸島半島北部の人気が高まってきたことから、2019年7月に延伸された路線です。海岸沿いの美しい景色を楽しめるおすすめコースです。

ペーパードライバーの私も、バス旅ならいつでも一人で出かけられるので、これからも大いに利用していくつもりです。

糸島バス旅~櫻井神社、桜井二見ヶ浦とインスタ映えスポット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です