ソフトワイヤーをポールに!ミニのぼり風グッズの作り方

イベント告知の写真を撮影するために、福岡の観光スポットとして人気の糸島を回ることにしました。

糸島観光案内 糸島へのアクセス

移動には、レンタカーを使用。人目をひく車なので、駐車中に使える宣伝グッズがあれば、アピールできそう。いいアイデアはないかと、考えてみました。

レンタカーだから、車自体を飾り付けるのはNGです。そこで思いついたのが、『のぼり』

ネットで”手作りのぼり”を調べてみると、布地にアクリル絵の具で描けば、屋外でも使用に耐えるような立派な『のぼり』が出来るとか・・・

今回限りの使用かもしれないし、天候によってはキャンセルの可能性もあります。もっと手軽に出来ないかと、さらに調べるうちに、布地に直接プリントアウトできるシートを発見!



糊がついたアイロン接着用、アイロンプリント用、のびるタイプ、などいろいろありますが、そのまま使いたいので、生地タイプの「白」にしました。

パッケージの写真は、お子ちゃまの幼稚園グッズ。顔写真付きのグッズができるんですねー。

 

説明書どおりに、作業していきます。

デザインを作成して、インクジェットプリンターでプリントアウト

30分程度乾かします

布を台紙から剥がして、軽く水洗い

乾かします

アイロンでシワを伸ばして完成

 

家庭用プリンターでプリントアウトできる程ですから、布地はかなり薄手です。それでも、綺麗にプリントされて大感激!

続いて、手芸用の綿テープを

布用両面テープで留めて

 

イメージ通りに出来ました。向きを変える必要がある場合に備えて、1枚は両側にテープを貼っています。

 

のぼりとして使うなら、ポールが必要になりますが、市販品は一般的な大きいサイズか、卓上用のミニサイズのみ。

そこで、100円ショップのソフトワイヤーを通して

同じく100円ショップの突っ張り棒、結束バンドを準備。

のぼり風になりそうです。結束バンドで一旦固定すると、切らないと外れません。ハサミも忘れずに。

 

お手頃サイズのミニのぼりとして、活躍してくれました。

 

のぼりを見て、そこに描いた『しらたま先生』について盛り上がって話題にしている人たちもいました!
アピール成功(^^)/

 

余談ですが・・・

のぼり用ポールの代用品を探して、ホームセンターをウロウロしているときに見つけたのが、『ソフトワイヤー』。ホームセンターの商品は短かったので、100円ショップに行ってみたら、ちょうどいい長さのものがありました。

後で調べると、ねじって止める以外にも、スマホスタンドを作ったりと、10年近く前に”ねじねじ棒”として流行ったとか。「廃番になったそうだ」という情報も目にしましたので、もし本当なら、入手できたのはラッキーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です