レポ「シフティング&脳気功」

2018年10月8日福岡で開催された、ソリューションクリエーター金子浩一さんのセミナー「シフティング&脳気功」に参加しました。

一番ビックリしたこと

これで、シフティングセミナーへの参加は3回目。参加のたびに、「はっ!」とすることに出会えます。今回、はっ!としたのは、「魂やハイヤーセルフも、間違っていることがある」ということです。

スピリチュアルの世界では、生まれてきた目的を魂は知っている、魂に沿って生きることが幸せということになっています。

ですが、人間は生身の身体を持って現実を生きている、という事情を斟酌しないようなシナリオを持つ魂もいるそうです。ハイヤーセルフも同様です。わたしも情報を取ってみたら、魂は意外に大きな目的を持っていました(^^; (そんなに強硬な姿勢でもなかったので、折り合いはつきそう)

 

人は自分の中に、複数の自分がいます。何かで迷って苦しいときは、進みたい自分ととどまりたい自分、右へ行きたい自分と左へ行きたい自分のように、複数の自分の間で調整がつかない状況だということです。

複数の自分、魂、ハイヤーセルフ、それぞれがバラバラな方向を目指していたら、難しい人生になりそうですよね。

あまりにバラバラなら、シフティングで調整するのがいいですね。新たにマインドリフォームというグループコンサルも始まっています。

エネルギーワーク

記憶や概念にはエネルギーが付いていて、そのエネルギーに働きかけるワークがあります。

イヤな気持ちになる「思い出」にくっついたエネルギーを消す(=元のエネルギーの大海に戻すイメージ)ネガティブクリアリングでは、その出来事が思い出せなくなったり、単なる出来事と感じるようになります。

これは、自分でも何度も体験し、セミナー以外でも他の人に体験してもらいやすいワークです。

今回は、この逆のポジティブチャージングの効果に驚きました。ポジティブチャージングは、夢や願望を思い描いて、そのエネルギーを大きくするものです。

わたしもペアのお相手(初対面の方です)も、思い描いたシーンが、どんどん展開して進んでいくという体験をしました。前に進む勇気が湧いてくる、嬉しい体験でした。

脳気功

シフティングセミナーに引き続き、脳気功セミナー。以前「健康3.0」と呼ばれていたセミナーで、シフティングの健康への応用になります。こちらはオープンソースではないので、セミナーの内容についてはあまり触れませんが、こんなことがありました。

セミナー後は、頭が整理されてスッキリ感がありました。翌日のことですが、物覚えが悪くなって、思い出せずにあきらめる、といういつものパターンの最中に、覚えたときに見た映像がパッと浮かびました。今後もずっと、この効果が続けば嬉しいのですが(^^♪ 楽しみにしておきます。

健康の概念の転換や、それをマインドに落とし込むことで、幅広く応用できると思います。自分でも、ひとつ実験を始めてみました。こちらも経過を楽しみます。

終わりに

シフティングの一つ一つのツールについては、人によっては無意識のうちに、あるいは意識的に、使っていたりするものもあるでしょうが、整理して言語化し、誰でも使えるようにされた金子さんの業績は偉大です。しかもオープンソース!

シフティングセミナーの目的は、シフティングを使いこなすというより、意識の枠を外すこと。自分ではどうすることもできないと決めてかかっていた現実は、実は自分が創っていると気づくことができます。

セミナーに参加したり、シフティングを使うたびに、その価値を再認識します。機会を見つけては、わたしもこうして発信していきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です