レポ「ツインセッション」

ソリューションクリエーター金子浩一さん&魂・生命構造研究家の早夏(さやか)さんのツインセッションを受けたのは、今年(2018年)4月のことです。

金子浩一さんのサイト➡脳気功アカデミー
早夏さんのブログ➡https://ameblo.jp/surry3181surry3181/

ツインセッションとは・・・
巫女役(チャネラー)と審神者の2人体制でのスピリチュアル・セッションです。役割分担をすることにより、一つの課題に対して、深く内容を調べることができ、解決することが可能です。 ー脳気功アカデミーよりー

早夏さんんがチャネラー、金子さんが審神者(ナビゲーター)でのツインセッションでした。

わたしが質問したのは、家族のことについてです。何か対処したいというより、今の状態を見えない世界から見たら、どうなるかを知りたかったのです。

家族のうち3人の肋骨のあたりに石のナタ(ヒモ付き)のようなものが入っている。3人とも望んで預かったものである。副作用などはないはずだったが、住んだ場所などいろいろな条件が重なったときに、タイマーが作動して2人に副作用が出た。

➡確かに!2人の動きがピタッと止まってしまった時期がありました。別々に暮らしてたので、そのときは気づかなかったんですが、あとで聞いてみると同時期で、不思議だと思っていました。

そして、1人は動き出しましたが、もう1人はまだ止まっています。

1人は自力で副作用から抜けた。ヒモは残してナタを抜いたので、もう1人の方も、7月くらいにリアルも変わって、秋には大丈夫になるだろう。

➡質問したときは1人は動き出してたので、もう1人の方についてだけ話題にしたんですが、まさかのナタ副作用とはびっくりでした。ちなみに副作用のなかった(タイマーが作動しなかった)のはワタクシ(笑)

止まっていた方も、6月末くらいから動き出しました!

終わりに・・・
見えない世界での対応が、現実世界へ現れるまでには時間差があるそうですが、こんなにハッキリと結果が出るものかと驚きました。

ナタは、金子さんに渡すものとして、持ち運んだらしいです。我が家が長く住んだマンションは、金子さんのご実家のすぐ近くだった(金子さんご本人は、もう離れておられましたが)という偶然も、意味あるものだったのでしょう。

ツインセッションでの本人以外への対応については、お問い合わせの上、申し込まれてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です